ジェラルド・チャールズ(GERALD CHARLES)

GERALD CHARLES

/

ジェラルド・チャールズ

ジェラルド・チャールズ ブランド イメージ

時計界のピカソ” ジェラルド・チャールズ・ジェンタ氏が遺した最後にして最高傑作『GERALD CHARLES(ジェラルド・チャールズ)』

『Gerald Charles (ジェラルド・チャールズ)』はジェンタ氏の2つのファーストネームをブランドネームに、 2000年に設立されました。後にジェンタ氏は伊ジヴィアーニ家に経営を任せ、逝去した2011年まで自身はチーフデザイナーに専念しました。現行モデルは全てジェンタ氏のオリジナルデザインをベースに創られており、性能面も重要視した傑作時計となります。展開するコレクション名には彼の愛称であった“マエストロ”を冠しており、レギュラーコレクションである “マエストロ 2.0 Ultra Thin”、左リュウズの“マエストロ 2.0 Ultra Thin GC Sport”、クロノグラフ仕様の“マエストロ 3.0 Chronograph”、スケルトン仕様の “マエストロ 8.0 Squelette”トゥールビヨン仕様の “マエストロ 9.0 Tourbillon”、ジュエリーが装飾された “マエストロ GEM SET” が並びます。時計のデザインはバロック建築からインスピレーションを受けており、教会内壁の六角形と八角形と十字形を組み合わせたデザインが時計に落とし込まれており、他では類の見ないデザインとなっています。クリエイティビティと熟練技術が絶妙なバランスで融合しており、エレガントかつスポーツティーな仕上がりとなっています。世界を代表するプロテニスプレイヤー、フットボール選手、モーターバイクレーサー、数々のセレブリティ達も着用しており、エレガントな装いからスポーツの用途まで幅広く1本で対応のできる傑作時計となります。

ジェラルド・チャールズ ブランド イメージ

世界的著名高級時計の元チーフデザイナー: オクタヴィオ・ガルシア氏がクリエイティブディレクターとして参画

『Gerald Charles (ジェラルド・チャールズ)』傑作コレクションの1つ、マエストロ 8.0 Squelette (マエストロ8.0 スケルトン)は、世界的著名高級時計の元チーフデザイナー、現『Gerald Charles (ジェラルド・チャールズ)』のクリエイティブ・ディレクター : オクタヴィオ・ガルシア氏が、ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社と一からムーブメント開発を行なった、パーツ部分の可視化率が90%を超えるスケルトン仕様のコレクションです。オクタヴィオ氏のデザイナーとしての実績と経験、ジェンタ氏と共に仕事を行った経験、社長のフェデリコ・ジヴィアーニ氏との長い友情もあり、今回マエストロ 8.0 Squelette (マエストロ8.0 スケルトン)のデザイナーとして任命されました。

GERALD CHARLES(ジェラルド・チャールズ)の商品

ブランド取り扱い店舗

ISHIDA新宿

ISHIDA新宿

東京都新宿区新宿3-17-12
PageTop