ブライトリング(BREITLING)

BREITLING

/

ブライトリング

ブライトリング ブランド イメージ

クロノグラフに献身したブライトリング家3代

1884年、レオン・ブライトリングがスイス・サンティミエに工房を設立。当時からクロノグラフに着目し1889年には特許を取得するなど各業界から高い評価を得て、3年後にラ・ショードフォンの工場へと移転。1915年、父の跡を継いだガストン・ブライトリングが、2時位置に独立したプッシャーを備えた初の腕時計型クロノグラフを開発。リューズ上部にもう一つ別のプッシュボタンを備えた、当時としては珍しい腕時計型クロノグラフをリリースした。ウィリー・ブライトリングがオーナーとなった2年後の1934年にはツープッシャー・クロノグラフを開発。今日の腕時計型クロノグラフの一般的な形態の基礎をつくり、この画期的な機能で特許を取得する。1938年、信頼性の高いオンボード計器を求める軍用分野と民間航空分野の需要に応えるため、「ユイット・アビエーション部門」を新設。翌年には英国空軍省から英国空軍用オンボードクロノグラフの大量受注し、ブライトリングは世界屈指の航空産業向けサプライヤーへと成長する。

ブライトリング ブランド イメージ

カジュアルでインクルーシブ、サステイナブルなラグジュアリー。「語り継がれる未来」へ羽ばたくブライトリング

1952年、現代のアイコンウォッチの一つ、ナビタイマーが誕生。航空用回転計算尺を備え、飛行に関するあらゆる計算を行うことができる腕時計型クロノグラフが開発された。2年後には国際オーナーパイロット協会(AOPA)の公式タイムピースに採用され、瞬く間に世界中のパイロットに浸透した。1962年、宇宙飛行士スコット・カーペンターが24時間表示のナビタイマー コスモノートを着用し、宇宙を旅した初のスイス製クロノグラフが誕生する。1969年には世界初の自動巻きクロノグラフ、クロノマチックを発表。1983年、イタリア空軍曲技飛行隊のためのクロノグラフ、フレッチェ・トリコローリを製作。その翌年、創業100周年を記念してクロノマットを発表。このモデルはブライトリングのベストセラーを記録し、機械式クロノグラフ復活の引き金となった。1999年には100%COSC公認クロノメーター化を宣言。以降すべての腕時計にクロノメーター認定を取得し高い評価を受けている。2017年、CEOにジョージ・カーンを迎えた新体制が始動。ブライトリングはもの作りにおける責任と使命を果たしながら、陸海空すべての領域で幅広い魅力を展開していく。

BREITLING(ブライトリング)の商品

ブランド取り扱い店舗

ISHIDA新宿

ISHIDA新宿

東京都新宿区新宿3-17-12
ISHIDA表参道

ISHIDA表参道

東京都渋谷区神宮前4-25-15 B1F
ISHIDA N43°(札幌)

ISHIDA N43°(札幌)

北海道札幌市中央区大通西5丁目1-1
ブライトリング ブティック 銀座

ブライトリング ブティック 銀座

東京都中央区銀座6-6-19
ブライトリング ブティック GINZA SIX

ブライトリング ブティック GINZA SIX

東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 5F
ISHIDA ONLINE

ISHIDA ONLINE

東京都千代田区二番町12-3 グレイス麹町 5F
PageTop