ISHIDA新宿 スタッフブログ

ISHIDA新宿 スタッフブログ

 

本日はブレゲの新作

【CLASSIQUE 7337】をご紹介いたします。

 

 

すでにブレゲをご存知の方は

既存の【クラシック7337】と何が違うの?とお思いですよね。

 

というわけで…

まずは【既存のクラシック7337】

ピンクゴールドモデルから見てみましょう。

 

クラシック 7337
品番:7337BR/15/9VU

税込価格 ¥5,918,000-

※2023年1月現在の価格です。

 

 

続いて…【NEWクラシック7337】

ピンクゴールドケースモデルがこちら。

 

品番:7337BR/12/9VU

税込価格 ¥5,918,000-

※2023年1月現在の価格です。

 

お気づきでしょうか…

基本的な配置は同じですが

デザインが少しずつ変わっていますね。

 

 

横に並べるとわかりやすいです。

 

こうしてみると…

日付と曜日の表示の色が変わっていたり

スモールセコンドのデザインも異なります。

 

 

では、

もっと細かな違いもみていきましょう。

 

左)NEW 右)既存

 

 

【NEWクラシック7337】では

文字盤全体のギョシェが細かくなっています。

 

これはマイクロギョシェという技法が採用されているそうで

過去、限定商品のトゥールビヨンモデルにも

採用されていた仕上げとのこと。

 

また、表示の周りに施されていたギョシェも

【NEWクラシック7337】では省かれています。

 

文字盤の凹凸を減らし、ギョシェが細かくなった結果、

全体的にスッキリした印象になっています。

 

ちなみに、

ムーンフェイズの窓に施されている

彫金もなくなり、シンプルに。

上)NEW 下)既存

 

 

またスモールセコンドは

凹凸のあるギョシェに直接インデックスを印字。

 

フラットな文字盤に印字するのは簡単ですが

ブレゲはあえて難しいほうを採用しています。

 

 

 

と、【新作クラシック7337】にフォーカスしましたが…

決して【既存クラシック7337】がそれに劣る

というわけではありません。

 

本来、文字盤上にギョシェを施すのには

デザイン以外にも視認性をあげる目的があります。

 

アブラアン・ルイ・ブレゲが活躍していた時代では

今のように無反射コーティングされた

風防はなかったためです。

強い光のもとでも文字盤が読み取りやすいよう

ギョシェを生み出しました。

 

【クラシック7337】は19世紀初頭の懐中時計、

通称「エキセントリック」より

代々デザインを継承しているおり、

多機能が故に文字盤上の情報量が多いアイテム。

 

既存モデル、新作モデル、どちらも

文字盤を読み取りやすいよう

200年以上前からのブレゲの意思を

受け継いでいることには変わりないと思います。

 

みなさまはどちらがお好みでしょうか?

只今、両モデルとも店頭にご用意しておりますので

気になった方は是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ISHIDA新宿/荻原

 

当社では分割手数料無料の

ショッピングクレジット(分割支払い)がご利用いただけます。

※分割手数料は、BEST ISHIDAが負担します。

ISHIDA新宿でお買い物するメリットはこちらから

メールでのお問い合わせはこちら

☆BREGUETフェア開催中☆

詳しくは下記よりご確認ください。

ISHIDA新宿

ISHIDA新宿

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-12

TEL:03-5360-6800

FAX:03-5360-6689

営業時間
平日 12:00~20:00
土日祝 11:00~20:00

※3/4(月)は休業いたします。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

<交通アクセス>
JR、小田急線、京王線「新宿駅」東口より徒歩3分・地下鉄「新宿駅」「新宿三丁目駅」B7出口より徒歩1分

» 店舗情報はこちら

CALENDAR

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

CATEGORY

ARCHIVE