ISHIDA表参道 スタッフブログ

ISHIDA表参道 スタッフブログ

1815とは

A.ランゲ&ゾーネの創業者フェルディナント・アドルフ・ランゲ生誕の年。

1845年にはドレスデン郊外の小さな町で時計工房を開設し

後にドイツ時計産業を成立に繋げ、貧困に苦しんでいた、この町を再建したのです。

 

 

アドルフ・ランゲ生誕年をコレクション名に冠した「1815」の特徴は

何といっても、この端正なアラビア数字とブルースティール針、

線路を模したレイルウェイデザインです。

そのどれもがアドルフ・ランゲが好んで採用していたデザインを

踏襲しているといわれております。

 

 

アラビア数字とレイルウェイ

 

 

計算し尽くされたアラビア数字のデザインは

極めてシンプルでありながら、どこか荘厳な雰囲気さえ感じさせます。

レイルウェイ形のミニッツトラックは当時、

鉄道開通によって懐中時計の重要性が増した時代、

ランゲが工房を創業した時代を物語るかのようにあしらわれております。

 

 

ブルースティール針

 

 

摂氏300℃までゆっくりと丁寧に加熱され青焼きされた針は、

なんとも言葉では表現しきれない絶妙なコーンフラワーブルーに染まっています。

これは、極薄の硬化膜マグネタイトが光の干渉効果によって、

深いブルーに見えているのです。

 

デザインスケッチ

 

 

プロダクトデザイナーのラインハルト・マイスが1995年3月2日に

描いた1815のデザインスケッチ。

実はムーブメントスケッチはほぼ残されていないそうです・・・

通常ムーブメント開発が先行し、そのあとにデザインが決定されていく流れを考えると

ブランド復興に際して、あえてデザインを重視していたのではないかと推測できます。

だからこそ、1815のデザインは拘り抜いた非の打ちどころのない、

究極の造形美ともいえるのではないでしょうか。

 

 

温められたベーシックモデル?

1994年のブランド再興の年、発表された4モデルは、

ランゲ1、トゥールビヨン〝プール・ル・メリット、サクソニア、アーケードです。

ここには、シンプル3針でラウンドのアラビア数字モデルが無かったのです。

あえて、差別化を図るため、ベーシックモデルを温めていたのではないでしょうか。

その1年後、満を持して1815が発表され、今ではランゲ&ゾーネを語る上では外せない

モデルとして存在感を放っています。

 

 

品番:235.026

ケース径:38.5mm

ケース素材:18Kホワイトゴールド

防水:3気圧

ムーブメント:手巻き L051.1

価格:2,794,000円(税込)

 

ISHIDA表参道店では

今回は1815の中でも最もシンプルな3針モデルをご紹介しましたが、

その他にパワーリザーブ表示のあるアップダウンや

複雑機構を搭載したアニュアルカレンダーモデルもご用意がございます。

こちらのブログでもご紹介していきますので、ご期待ください!

 

 

 

 

当店ご購入特別プラン

 

当店ではA.ランゲ&ゾーネご購入に際し、

お客様金利手数料無料の特別なプランをご用意しております。

お手持ちの時計の下取りも可能です。

詳しくはISHIDA表参道まで

下記、お電話かメールにてお気軽にどうぞ!

 

担当:鈴木一弘 小林信介

 

03-5785-3600

 

【お問い合せフォームはこちら】

 

【ご来店予約フォームはこちら】

ISHIDA表参道

ISHIDA表参道

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-25-15 B1F

TEL:03-5785-3600

FAX:03-5785-3601

営業時間
月〜金/12:00〜20:00
土・日・祝祭/11:00〜20:00
火曜不定休

<交通アクセス>
地下鉄「明治神宮前駅」5番出口より徒歩3分・「表参道駅」A2出口より徒歩3分・JR「原宿駅」より徒歩6分

» 店舗情報はこちら

CALENDAR

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

CATEGORY

ARCHIVE

PageTop