ISHIDA N43° スタッフブログ

ISHIDA N43° スタッフブログ

Cartier

皆さまこんにちは。N43°金田です。

 

8月10日から開催したCartier VIPWEEKイベントですが、

たくさんのお客様にご来店いただきました。イベントにご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

 

7月の後半から工事が入り、イベントに間に合うのか正直不安でしたが無事に間に合い、開催できて安堵しております。

お客様からも「店内が明るくなって雰囲気が良くなった」「外から見てもカルティエの内装が見えるから入りやすくなった」など

お褒めの言葉もいただきました!

工事したのは私ではありませんが、誇らしい気分になりました(笑)

 

とてもおしゃれな内装に変わりましたので、お時間ある方はぜひ見にいらしてください!

Cartier

大胆かつフェミニンなスタイル。#PanthèredeCartier

 

 

 

 

 

 

タンク ウォッチ、それはカルティエのエレガンスそのもの。

身に着けることが、写真家 @cococapitanのマニフェストになります。

WSTA0041

¥325,600(税込)

 

 

<

視覚の陶酔、優美な曲線。バロン ブルーに広がる、時の新たな空間。

男性用バロン ブルー コレクションをご覧ください。

BALLON BLEU DE CARTIER

バロン ブルー、調和するデザイン。円の競演。
女性用バロン ブルー コレクションをご覧ください。

HAPPY MOTHER’S DAY

こんにちは。ISHIDA N43°種田です。

5月9日(日)は母の日ですね。
母の日といえば、日頃の感謝を込めてカーネーションを贈るのが
定番ですよね。

今年は、サプライズでカルティエの時計を贈るのはいかがでしょうか?

きっと、テンションUP↑してくれると思います!

是非店頭にてご覧くださいませ。

 

BALLON BLEU DE Cartier

バロン ブルー ドゥ カルティエ、それはカルティエが時代を経て発展させてきたラウンドシェイプに対する新たな視点。

Cartier TANK

 

 

平行に伸びる2本の縦枠は、タンク ウォッチのシグネチャーです。

 

TANK LOUIS CARTIER

WGTA0011

¥1,491,600(消費税込)

カルティエの時計ってオシャレですよね!

独特な形状でカルティエらしい文字盤と、とにかく綺麗です。

 

こんにちは!ISHIDA N43°の魚山です‼

今回はカルティエの時計の名前について数点書いてみました。

どういう意味?どこから来たネーミングなの?

今回、調べていて私も知らなかった事もあり、勉強になりました。

気にしていなかった方も、気になっていた方もとりあえず見て、そのまま店頭へ!!

 

①パシャ

新たに発表され注目を集めているパシャですが、「パシャ」ってなんでしょうか?

「プールで着用可能な時計」という防水時計をマラケシュの太守に納めたのが名前の由来で、パシャとは太守や高官を指す敬称。

二重構造のリューズにより防水性・防塵性を高めたモデル。

なるほど、この形状にも納得できますね!

 

②タンク

カルティエを代表する角型時計。こちらの話は有名ですね!

戦車からインスピレーションを得たデザインです。

第一次世界大戦、戦争の終結に貢献したといわれるルノー製の戦車から着想されたのがタンク。確かに戦車ってタンクとも呼ばれますね!

 

③サントス

こちらもカルティエらしさの強いモデル。

飛行家であるサントス・デュモンが「飛行中に手を放さずに見れる時計」という依頼により生まれたのがサントス。依頼者のサントスの名前がモデル名になっております。

もし、サントスさんが依頼しなければ誕生しなかったモデルということですね!

ちなみにレディースウォッチのサントス ドゥ モワゼルはサントス・デュモンの飛行機ドゥモワゼル号から。

 

④バロンブルー

カルティエで角型=タンク、丸型=バロンブルーというほどの人気時計。

フランス語で「青い風船」の意味。ブルーの針やカボションなども由来なんでしょうか。

風船のように丸みのあるデザインが特徴です。

よく見るリューズガード付きの時計はどこか武骨なイメージが強かったですが

そこはさすがカルティエです。品のあるデザインで仕上げておりますね。

 

⑤パンテール

 

フランス語で豹の意味。

確かに、カルティエの広告には豹の姿がありますね。時計以外にアクセサリーにも豹をデザインしたものが多いです。

豹のカルティエ初出演は1914年から。ずいぶん長生きな豹ですねー。

当時、オニキスのスポッツモチーフ(豹の模様)としてデザインされ、今ではモデル名にまでなりました。

 

今回5モデルの由来について書いてみましたが

皆様はカルティエの時計にどのようなイメージをお持ちですか?

宝飾ブランドの時計、女性っぽいなど聞くこともありますが、

そんなことはありません!

サントス・デュモンさんも男性ですし、今も昔も有名な著名人たちも愛用してきました。

また、スイスにしっかりとした工房を構え、自社キャリバーの開発やユニークな機構など

技術的にも高いブランドです。

綺麗なカルティエの時計を是非、実際に店頭でご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

SANTOS DE CARTIER

サントス ドゥ カルティエ ウォッチのデザインは、ひとりの宝石職人の直感から誕生したスタイル。他の宝石職人が隠すもの、例えばビスを、あえて見せるという大胆な発想です。

 

是非店頭にてご覧ください。

WSSA0018

LMサイズ 自動巻き

¥825,000(税込)

 

 

 

 

PageTop