ログイン中

ユンハンス

  1. ユンハンス

量産では決して生み出せない個性

電波、機械、クオーツという各種テクノロジーでは、生産時に特にきめ細かく対応したプロセスが求められます。すべての製造部品が品質検査に合格し、承認を得るまでは作業を始めることはできません。

文字盤を組み立て、針をセットし、ケースにはめ込んだ後、電波時計には特殊な技術試験が課せられます。自社開発のタイムトンネルでさまざまな周波数の時間信号を受信する感度を試験しています。
ユンハンス製機械式時計は、それぞれ一人の時計職人または少人数のチームで最後まで製造を手がけます。最初の一歩から最終的な調整、パワーリザーブの試験、最後の防水性試験にいたるまで注意を傾け、時計1つ1つに責任を持って設計を行っています。

すべての始まりはアイデアから

アイデア、先進技術、そしてデザイン。ユンハンスには長い伝統があります。1 本の時計がオーナーの腕にはめられるまでには、市場調査を元にトレンドを分析し、新しいテクノロジーを自社部門で開発する作業を経ます。このクリエイティブな創作プロセスが、ユンハンス製時計1つ1つの原点を形成しています。
この作業は 150 年前と変わりません。 問題となるのは文字盤の読みやすさだけではありません。機能、操作性、製造・組み立て基準もすべて検討対象になります。当社デザイナーと組立工の満足度に対して、これらすべての問いに答えが出た時点で、初めて部品1つ1つの製造に入ります。品質が常に最優先されることは言うまでもありません。

 

SHOP LISTブランド取り扱い店舗

おすすめのイベント・フェア

世界の時計博 2017 WINTER
世界の時計博 2017 WINTER

2017年12月1日(金)〜12月31日(日)

PageTop